前田歯科医院

無料カウンセリング受付中!! 無料カウンセリング受付中!!

これからもずっと自分の歯で
「食べられるよろこび」を感じて欲しい

おいしいものをみんなで食べることは楽しいことです。また私達が健康な毎日を送るうえで大切なことも「食べること」です。私たちは食べ物をしっかりと噛むことで、健康を保つことが出来ます。
自分の歯であれば、家族との食事、友人との食事、旅先での食事が美味しく楽しいものになるでしょう。 入れ歯のように面倒な手入れも不要です。
前田歯科医院では「食べるよろこび」をずっと感じていただきたいと考えています。

歯を失う1番の原因は歯周病です。

こうしたお口のトラブルありませんか?

放っておくと歯を失ってしまう事態になります。歯を失う一番の原因は虫歯ではなく、実は歯周病が原因です。「歯茎から血が出る」「歯がしみる」「口臭を指摘された」こんな方はぜひご相談ください。

歯茎の出血
口臭
歯がグラグラする

歯周病は治せます。

歯周病は治療すれば治すことができます。歯周病の原因はかつて歯石と考えられていましたが、現在ではバイオフィルム(細菌の固まり)が原因であることがわかってきました。歯周病を防ぐために最も有効な方法は歯や歯茎周辺のバイオフィルムを除去(クリーニング)することです。


バイオフィルム(紫色の部分)の様子

歯とバイオフィルム

※バイオフィルムとは
歯の表面に付着した種々の細菌の集合体


時間とともにバイオフィルムが増えていく様子

しかし、従来の日本式歯周病治療法では
かえって歯を傷つけることもあります。

従来の日本の治療方式では、バイオフィルムをクリーニングする際に歯を傷つけやすく、治療後に歯がしみたり、時には歯がえぐれることもあります。

  • 汚れた歯の表面
    汚れた歯の表面
  • 従来の方式で傷ついた歯の表面
    従来の方式で
    傷ついた歯の表面
  • 綺麗な歯の表面
    きれいな歯の表面

前田歯科は「歯を傷つけない」
スウェーデン式の歯周病治療を採用。

現在ではできるだけ歯を傷つけずにバイオフィルムをクリーニング出来る方法が推奨されています。前田歯科医院では歯科医療の最先端であるスウェーデン・イエテボリ大学の予防・治療方法を採用し、歯を守りながらメンテナンス・治療をしています。

あなたならどちらのクリーニングを選択しますか?

日本式

日本式

手用スケーラー
日本の一般的な歯科医院で採用しているクリーニング方法です。歯石や細菌を除去する際に歯を傷 つけやすく、治療後歯がしみたり歯がえ ぐれることもあります。

スウェーデン式

スウェーデン式

エアフロー
予防先進国スウェーデン・イエテボリ大学で採用している最新のクリーニング方法です。歯を 傷つけずにバイオフィルムだけを除去できます。治療に痛みがなく歯が白くなる効用もあります。

※エアフローでの治療は保険対象外です。

前田歯科医院での治療の様子を
見てみましょう

動画は前田歯科医院に導入した「エアフロー」を実際に使用した際の動画です。バイオフィルムの固まり(プラーク)を吹き飛ばして取り除いていく様子が非常によくわかります。器具が歯に直接触れないので、痛みもありません。

スウェーデンのココがすごい!

日本ではスウェーデンと比べて歯磨き時間が三倍近いにも関わらず、虫歯の割合がスウェーデンの倍以上。また日本人成人の88%が歯周病にかかっているのに対し、スウェーデンでは25%以下。その理 由は「定期的なメンテナンスを受 けているかどうか」です。スウェーデンをはじめとする歯科先進国では、なにか不具合が出るまえに歯科医院へ定期的に通院しています。

日本とスウェーデン対比

前田歯科医院ではスウェーデンの歯科治療の考えを取り入れることが、
「食べるよろこび」をずっと維持していただくために重要なことだと考えています。
そのためには、バイオフィルムの除去を定期的に行うことが最も有効です。

  • まずは歯を
    チェックしましょう

    歯のチェック

    歯周病菌の持つ毒性は低いため体に免疫ができません。また、薬やうがい薬を使っても歯周病は治すことができません。自分では気が付きにくい歯周病になる前に、前田歯科医院で歯をチェックしてみましょう。すでに歯に違和感がある方は、大事に至る前に早めの相談・治療を心がけましょう。

  • 「治療」から「予防」に
    切り替えましょう

    治療から予防へ

    前田歯科医院では歯周病を未然に防ぐため、3~6ヶ月に1回程度の定期的なメンテナンス(バイオフィルム除去)をお勧めしています。歯の健康を意識する患者さんとともに、専門のスタッフが一緒になって歯の長期メンテナンスを行う体制が充実しています。

  • 「スウェーデン式予防」で
    歯をずっと大切に

    スウェーデン式予防

    せっかく歯周病予防のメンテナンスが出来ていたとしても、従来のメンテナンス方法で歯を傷つけていたのでは、本末転倒です。長期間行うメンテナンスだからこそ、前田歯科医院は「歯を傷つけないスウェーデン式の治療法と設備」であなたをサポートします。

歯周病予防で歯も体も健康に!

歯周病が、全身の様々な疾患と深く関係していることをご存知ですか?

歯周病が進行すると、生体内に侵入した細菌を排除するために白血球が歯周ポケット内へ大量に集積し、免疫・炎症反応を引き起こします。その際に産生される「サイトカイン」などの物質や「歯周病原菌」が血液中に入り込み血行に乗って全身へ移行します。それが様々な疾患を誘発していきます。

定期的なバイオフィルムの除去がこうした全身の疾患を防ぐ手段としても注目を集めています。 「これからの健康づくり」をお考えの方にも定期的なメンテナンスが有効です!

発症の確立が下がる!

発症の確立が下がる

『食べるよろこび』を感じてずっと過ごしたい方へ
前田歯科医院が全力でお手伝い致します。

松本浩一郎 院長(写真左)
1976年生まれ。新しい技術と知識を求めて国内外の研修に参加。食べ歩きや旅行が趣味。
前田一義 理事長(写真右)
1976年生まれ。無類のポルトガル好きで愛称はポル先生。 院内に飾られているポルトガルの写真は自身の旅行写真がほとんど。「歯を治して一緒にポルトガル料理を食べましょう!」Facebookやってます!

理事長 略歴

2003 日本歯科大学を卒業。
前田歯科医院(当院)に4年間勤務。
2007 板橋区の医療法人JINAI『仁愛歯科クリニック』副院長に就任。
仁愛歯科クリニックにて理事長 中村先生にヘルスプロモーション、小児歯科学を5年間師事。
2012 仁愛歯科クリニック副院長を経て2012年5月より前田歯科医院副院長に就任。
2013 医療法人社団康歯会 理事長、前田歯科医院 院長に就任。

院長 略歴

2003 日本歯科大学を卒業。
2004 日本歯科大臨床研修医修了。
2004〜2014 郊外チェーン型、都心ビル型、自費診療中心の歯科医院に勤務。
2014〜現在 医療法人社団康歯会前田歯科医院に勤務。
2015 医療法人社団康歯会理事、前田歯科医院院長に就任。
2017 イエテボリ大学歯周病科研修修了 現在に至る。

まずは歯の状況を確認するためにカウンセリングを受けてみませんか?
是非お電話ください!

無料カウンセリング受付中!! 無料カウンセリング受付中!!